コロナウイルス最新記事!ここをクリック

【提言】新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除に向けて

【提言】新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除に向けて
TAK
TAK
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を解除するための情報を発信します

緊急事態宣言が発令されてから、1ヶ月が過ぎようとしています。

医療現場は変わらず大変ではありますが、ここにきて少しずつ自粛の効果が見え始めているように感じています。

「では、そろそろ解除してもよいのでは?」と思っている方もいるのではないでしょうか!?

医療現場を基準に判断すると、まだ早いと考えています。しかしながら、永遠と自粛を続けるわけにもいきません。

そこで、この忌々しいウイルスと共存していくために(もちろん、治療薬とワクチンが出来たら潰します!)、どのようにしたら良いのでしょうか!?

さまざまな意見があるなか、その第1歩として緊急事態宣言を解除する基準について考えていきたいと思います。

Advertisement

緊急事態宣言を発令した趣旨

そもそも、2020/4/7に政府より発令された緊急事態宣言の趣旨を思い出しましょう。

日本には新型インフルエンザ等対策特別措置法という法律が制定されています。

その第1条に「新型インフルエンザ及び全国的かつ急速な蔓延の恐れのある新感染症に対する対策の強化を図り、国民の生命及び健康を保護し、国民生活及び国民経済に及ぼす影響が最小となるようにする」と明記されています。

個人的にはこの第1条がいかにも日本人らしいというか、抽象的すぎて・・・最優先や最重要などといった言葉がないために解除の基準が生まれにくかったのかなぁと思います。(何を優先するか明記すべき)

宣言当初は、7都府県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、福岡県)を特別警戒地域とした部分的なものでした。

その際、総理の会見で「感染につながる人と人との接触を極力減らすため、国民の皆様にはこれまで以上にご協力頂くこと、そして、医療供給体制をしっかりと整えていく、そのための宣言だ」と発言しています。

この時点では経済に関しての発言はなかったことから(批判を恐れて言えなかったのかもしれませんが)、医療崩壊は絶対避けるべきという意思を感じました。

そのことから、私は【緊急事態宣言の趣旨=医療体制の保持】と捉えました。と同時に、宣言はすぐに全国規模となるだろうとも・・・

よって、緊急事態宣言の解除も同様(医療体制が整ったのか)でなければ意味がないと感じています。

緊急事態宣言はいつ解除されるのか

解除の目安は「新型コロナウイルスに対し医療体制が整ったのか」で決めるべきです。

大袈裟なことをいえば、国民の半分が感染しても日本の医療体制が崩れない明確な根拠があれば、今すぐにでも解除すべきと考えます。

しかしながら、実際の医療現場は体制が整うどころか「装備品不足」「検査備品不足」「差別行為」が蔓延し、職を離れる人が増え続けています。

先日、国に先立って「大阪の解除モデル」を公表しました。(その後、政府も14日を目処に基準を出すと・・・)

① 新たに発見された感染経路不明の陽性者の増加率(前週比1未満)
② 新規陽性者における感染経路不明者数(10人未満)
③ 新規PCR検査の陽性率(7%未満)
④ 重症患者を受け入れる病床使用率(60%未満)

この4つの条件が、原則7日間連続で全て満たされていれば段階的に解除する、といった感じみたいです。

一方、解除後①②③が全て逸脱した場合は、再度、自粛の要請などの対策を講じる、としています。

正直いって、この基準は甘く、特に医療現場が軽視されており解除することを前提に作られたものと感じています。

陽性者数が増えても感染経路が判明していれば①②の基準を満たしてしまいます。しかし、医療機関は感染経路にかぎらず全ての患者に対応しなければならないわけですから、すぐに手一杯となります。

さらに、ここまできたら、陽性患者数や検査の陽性率はたいした問題ではありません。

個人的には、治療薬およびワクチンが完成し誰でも恩恵をうけることができるまで、各都道府県における感染症拠点病院の新型コロナウイルス患者(症状の有無関係なく)病床稼働率(30%未満)絶対基準として活用すべきと提言します。

(現時点でコロナ患者のたらい回しですら終息していないんですよ!?)

賛否両輪あると思いますが、どうなるか様子をみるしかないですね。

Advertisement

緊急事態宣言解除のタイミングを間違うと・・

私は緊急事態宣言を解除すべきではない、と言っているわけではありません。

ただ、緊急事態宣言解除のタイミングを間違うと、今までの努力が全て水の泡になるといっているのです。

全面解除でも部分的に解除でも構いません。

ただし、医療機関を中心に考えるべき(緊急事態宣言の趣旨)であり、アメリカや欧州のように新型コロナウイルス患者だけで数万人の死者、医療従事者の相次ぐ死亡など、を出さないために慎重を期すべきだと。

新型コロナウイルスに関して続々と分かってきていることが増えています。

新型コロナウイルスの治療薬候補であるレムデシビルが昨日認可され、今後使用しはじめるでしょう。

感染に関わる症状もさまざまですが、対応が変わりつつあります。

記事を参考にして、1人1人が感染しないよう行動すれば、緊急事態宣言の解除も早まると思います。